ガシー・レンカー・ジャパン/主力商品名に社名変更/「ザ・プロアクティブカンパニー」に

 ニキビケア化粧品「プロアクティブ+(プラス)」を販売するガシー・レンカー・ジャパン(本社東京都、ピエール・フランソワ・シュトライト社長)は3月31日付で、社名を「ザ・プロアクティブカンパニー株式会社」に変更する。16年5月に親会社の米国ガシー・レンカーと、スイスのネスレスキンヘルスが合弁会社「ザ・プロアクティブカンパニー」(本社スイス)を設立。ガシー・レンカー・ジャパンがスイスのザ・プロアクティブカンパニーの100%出資会社となることに伴い、社名変更を決めた。
 16年12月に、ネスレスキンヘルスCFOのピエール・フランソワ・シュトライト氏がガシー・レンカー・ジャパンの社長に就任している。
 ネスレスキンヘルスの子会社には、皮膚科学研究とスキンケアブランド「セタフィル」の製造販売を手掛けるガルデルマ(本社スイス)などがある。
 ガシー・レンカー・ジャパンはダイレクトマーケティングのノウハウを生かして、「セタフィル」などネスレスキンヘルスグループが開発、製造した商品の販売も視野に入れている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ