千趣会/サロン向け新規事業開始/ネイルを早く安く、今年中に150台

プリンターで爪に柄を印刷

 千趣会はこのほど、BtoBの新規事業として美容サロン向けのジェルネイルサービス「ツメコ」を開始した。インクジェットプリンター機器で爪に柄や模様を描くサービスで、所要時間が短く、ネイリストの技術を持たなくても1日の研修でサービスを提供できる。今年中に150台、21年に1000台の契約を目標としている。
 スターターキットと研修費の初期費用15万円(税別)と、プリンター機器のレンタル料とプリントする柄のデザイン使用料の月額1万円(同)で導入できる。
 通常のネイルサロンは人の手で模様を描くため、1~2時間ほど要する。「ツメコ」は爪のベースとトップコートの作業は人の手で行うが、最も時間のかかるアート作業の部分をプリンターで一気に数十秒で印刷するため、仕上がりまでの時間は45分まで短縮する。
 美容サロンのパーマやカラーリング中の利用や、仕事帰りの消費者の需要を喚起できると期待する。
 新たにネイリストを雇用しなくてもよく、カラージェルを豊富に取りそろえる必要がないため、通常のネイルサロンより安い3500円程度でサービスを提供できるという。筆で描くより細かい柄に対応できることも特徴だ。
 顧客が選んだ柄を専用のタッチパネル端末で爪の大きさにフィットさせる。爪の大きさにかかわらず印刷できる仕組みとなっている。
 柄は現在約300セットを用意しており、今後毎月16セット以上の新作を追加していく計画。クリエーターにデザイン提供を依頼しているという。新しい柄は千趣会から主にメールで送られる。
 すでに関東、関西、四国のサロン10店舗に展開しており、近く九州でも導入が始まる。将来的には個人事業主への提供も行いたいという。

スターターキット

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ