カイアニジャパン/新スキンケアブランド投入/世界に先駆け日本で先行販売

新たなスキンケアブランド「フルレッセスキンケアシステム」

 健康食品などをネットワークビジネス(NB)で販売するカイアニジャパン(本社東京都、テリー・ホワイト社長)は3月14日、新たなスキンケアブランド「フルレッセスキンケアシステム」を発売する。日本では全世界に先駆けて先行販売する。
 「フルレッセ」は、フランス語の「フルール(花)」とイタリア語のbe動詞「エッセ」を掛け合わせた造語。「あなたの美を開花させる」という意味を込めたネーミングになっている。
 同ブランドは(1)クレンザー(2)セラム(3)デイクリーム(4)ナイトクリーム(5)アイクリームーーーの5品目で構成。5品目とも、リンゴ由来の幹細胞エキスを配合している。
 同社によると、「色素沈着の緩和に役立ち、加齢のサインに働きかけるスキンケア化粧品。肌細胞の活性化や抗酸化をサポートする」と説明している。
 「フルレッセ」は、リンゴ由来幹細胞エキスのほか、ノニ果実抽出液、ブルーベリー抽出液、トコトリエノールなども含有している。
 同社の米国親会社であるカイアニ(本社アイダホ州、カーク・ハンセン会長)のポール・ハークアジア担当副社長は「アジアはスキンケア市場の成長が目覚ましい地域。カイアニのスキンケアをアジアの中で広めていくためにも、有望な国である日本で先行販売を行うことにした」と話している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ