スリーピース/最高タイトル「ダイヤモンド」を追加/出張所を「リゾート」に名称変更

 健康食品を販売するスリーピース(本社宮城県、糟谷耕一社長)は2月23日、報酬プランを改定し、新たに最高タイトルとして「ダイヤモンド」を追加した。従来の最高タイトル「プラチナ」の達成者が10人に増えたことから、タイトルを新設することで会員のモチベーションを高めるのが狙い。17年3月期の売上高は前期比2倍増の25億円を目指す。
 「プラチナ」に昇格するには月50万円以上の報酬を3カ月連続で達成することを条件にしてきた。「ダイヤモンド」は「月100万円以上の報酬を3カ月間連続で達成」することを条件とした。中核メンバーである「シルバー」「ゴールド」の会員を「プラチナ」に引き上げることで組織の底上げを図るのが狙いだ。

(続きは「日本流通産業新聞」2月23日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ