PMジャパン/世界売上は520億円に/キャンペーンや新商品で好調

 健康食品を販売するPMジャパン(本社東京都、加藤聖治社長)の親会社、PMインターナショナル(本社ドイツ、ロルフ・ゾーグCEO)の16年12月期における世界の総売上高は前期比30%増の4億6000万ドル(約520億円)だった。PMジャパン単体の売上高は非公表だが、日本においてもキャンペーンや新商品の発売などで好調を維持している。
 PMジャパンは2月13日、新規会員のビジネスをサポートするキャンペーンを開始した。従来は1500ポイント(30万円相当の購入)を獲得するとマネージャーに昇格できるが、これを3月末までの期間限定で1000ポイント(20万円相当)に引き下げる。条件を緩和することで、組織の活性化を図りたい考え。
 同時に、タイトルを達成した会員には抽選チケットを配布し、総額4300ユーロ(約51万2000円)の賞金や商品が当たる抽選会を開催する。1位には1500ユーロ(約17万8500円)の賞金を贈呈する。
 新商品の販売状況も順調だという。1月にセット商品を刷新したところ、初回生産分の1000セットが1週間で完売した。

(続きは「日本流通産業新聞」2月23日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ