アムウェイ/売上高は7%減の88億ドル/中国市場が軟調で

 アムウェイ(本社米国ミシガン州、ダグ・デヴォス社長)はこのほど2016年12月期業績を発表、売上高は前期比7%減の88億ドルだった。上位10カ国・地域のうち7カ国・地域で売り上げが増加したものの、中国の売り上げは軟調だった。
 製品カテゴリー別の売り上げ構成比は、「栄養関連製品」が49%で前年よりも3ポイント上昇し売り上げのほぼ半数を占めるまでに成長した。「ビューティー・パーソナルケア製品」は前年から横ばいの25%、「耐久財」は1ポイント減の15%、「ホームケア製品」は横ばいで7%、「それ以外の製品」は2ポイント減の4%だった。
 売り上げの上位10カ国・地域は、中国、米国、韓国、日本、タイ、台湾、インド、マレーシア、ロシア、香港。ベスト10には入らないものの、9カ国・地域で2桁成長を達成したという。
 15年に買収したスポーツニュートリション製品「XSブランド」は急速に成長しているということで、16年は売り上げが40%増加したとしている。現在約50カ国で販売されており、16年に発売された製品は売り上げ目標を上回ったという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ