ニュースキンジャパン/別称を「ブランドパートナー」に変更/1月から導入、新サイトも開設

 ニュースキンジャパン(本社東京都、小林和則社長)は、開業時から使用してきた「ディストリビューター」という呼称を1月から「ブランドパートナー」に変更した。併せて製品購入の会員「プリファードカスタマー」を「ショッピングメンバー」という別称に変えた。
 導入した別称は日本国内におけるもので、ニュースキンとの契約・登録では引き続き「ディストリビューター」「プリファードカスタマー」を使用する。
 単に製品をディストリビュート(流通)するだけでなく、ニュースキンブランドの想い、価値に共感し、共に広げてくれるパートナーという意味を込めたという。
 新しい別称を記念して、ブランドパートナーに焦点を当てた新サイト「Nu Palette(ニューパレット)」を開設した。サイトでは、ブランドパートナーに焦点を当てて、ライフスタイルや夢、ニュースキンとの関わり方や成長エピソードなどを紹介している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ