ランクアップ/朝用洗顔100万本突破/16年9月期は年間12億円の売上

 化粧品通販のランクアップ(本社東京都、岩崎裕美子社長)はこのほど、朝用の洗顔料「マナラ モイストウォッシュゲル」(120ミリリットル、税別3200円)の累計販売数が100万本を突破したと発表した。13年9月に販売を開始し、3年連続で売り上げが拡大。16年9月期の売り上げは約12億円だった。
 「マナラ モイストウォッシュゲル」は泡立てない洗顔料で、肌になじませて洗い流すか、コットンでの拭き取り洗顔も可能。顧客層は仕事や子育てで忙しい女性が多く、時短ができる点が支持されている。
 古い角質を取るパパイン酵素を配合。洗浄成分を含まず、美容成分を97.5%配合しているため、乾燥しないという。
 ランクアップはこのほか、16年5月に5000本の数量限定で販売したまつげ用美容液「マナラ アイラッシュセラム」(5ミリリットル、税別2288円)を1月25日から定番商品として販売する。
 限定販売した当初は、2週間で完売。7月に追加で5000本販売した後も顧客から再販の希望が多く寄せられ、定番商品化を決定した。
 顧客のニーズを捉えた商品開発により、05年の設立から増収を続けており、16年9月期の売上高は前期比16.9%増の88億4000万円を達成。今期は同11.4%増の98億5000万円を見込んでいる。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ