ドゥッシュドゥッスゥ/磁気治療品で新規顧客獲得/通販企業への卸も展開

 バレエ商品を販売するドゥッシュドゥッスゥ(本社東京都、樋口智也社長)は磁気治療用品の販売で、新規顧客の獲得を進めている。
 13年11月に、バレエ用品としてネオジウム磁石やゲルマニウムを使用した「磁気治療レッグウォーマー」を発売。バレエ関係者以外からの購入も多かったことから、磁気治療用品をシリーズ化。昨年10月から同シリーズを販売するECサイト「磁気治療本舗」を開設している。
 同社の16年9月期の通販売り上げは前期比約2%増の約1億2240万円。通販購入者には、商品の中に手書きの手紙やイラストを添えて発送している。ただ、バレエ用商品の売り上げは頭打ちとなっており、磁気治療シリーズを今後の成長分野に据えている。通販売り上げの約3割を同シリーズが占める。
 現在までにタンクトップ、フットバンド、ベルトなど13品番を発売しており、シリーズの累計販売数は約2万5000着。40代女性を中心に顧客層は幅広いという。
 現在、接骨院3軒に卸しているが、今後は通販企業などへも販路を拡大したい考え。「同シリーズの粗利率は約60%。それを維持しながらBtoBの卸も視野に入れている」(樋口社長)と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ