IPSコスメティックス/コンプライアンス強化を実施/愛用者会員制度を導入

 IPSコスメティックス(本社東京都、森本博社長)はコンプライアンスを強化する。11月4日に消費者庁から3カ月間の業務の一部停止を命じられたことを受けたもの。新規登録全て愛用者登録とするほか、書面の不交付を防ぐため、ビジネス会員登録の際は本社から電話で書面不交付や勧誘行為に不正がなかったかどうかを確認する予定だ。
 IPSは、4月の消費者庁による立入検査後、外部有識者を交えた「コンプライアンス委員会」を発足。(一社)全国直販流通協会(直販協、事務局東京都)が行う販売員教育に販売員を受講させて違法行為の再発防止策に取り組んできた。

(続きは、「日本流通産業新聞」12月15日・22日合併号)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ