コスモス・ベリーズ/「こだわりの逸品」、商品展示は初の試み

 ヤマダ電機の100%子会社でボランタリーチェーンを展開する、コスモス・ベリーズ(本社愛知県、牧野達社長)は11月3日~10日、東京駅前にあるヤマダ電機「ConseptLABI東京」で、全国のメーカーから発掘したこだわり商品を展示した。ヤマダ電機の店内での商品展示は初の試み。
 商品の展示を通じて、加盟店などの仕入れに役立ててもらうのが狙い。
 店内には、電動スクーター「バイクル」や空気清浄器「フィトンエアー」、日本アクティブが販売する浄水器「にいみ」などを展示。手作りとうふ製造機の実演会も行った。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ