電通/対面営業の支援サービス/顧客情報をウェブで収集

 電通は8月12日、BtoCの対面営業を支援する情報サービスを開始した。定期訪問が難しい顧客の情報をウェブ上の行動データなどから分析、結婚や退職など、顧客のライフステージを把握した上での提案営業を可能にする。
 今回のサービスは、電通が、セールスフォース・ドットコム(本社東京都、小出伸一社長)、インティメートマージャー(本社東京都、簗島亮次社長)、wizpra(ウィズプラ、本社東京都、今西良光社長)の3社と共同で展開する。
 同サービスではまず、インティメートマージャーが、サービス導入企業の見込み顧客の情報を、検索履歴などウェブ上の行動から収集・分析する。
 収集した情報は、セールスフォース・ドットコムが提供する営業活動支援ツールに登録される。ウィズプラは、顧客に対するアンケート調査などにより課題を発見。集められた情報・課題をもとに、電通がコンサルティングを行うという流れだ。
 同サービスの対象は、訪問営業を手掛けるすべての事業者。中でも特に、生命保険やカーディーラーをメーンターゲットにしているという。
 定期的な訪問が難しく、顧客の需要がつかみ切れないといった、訪問営業事業者の課題を解決する。
 「結婚や退職など、ライフステージごとの最適な提案を可能にする」(魚住高志ビジネス・クリエーション・センター事業開発室事業プロデュース2部シニア・デジタル・プランニング・マネージャー)と話している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ