【EC向けサービス事例】第110回 ヘノブファクトリー×リンクライブ「Shishimai」/導入サイト:インフィールド「御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター」

サイト内導線を重視した「御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター」のサイトデザイン

”サイト刷新で問合件数が最高に”

 貸し会議室の運営を手掛けるインフィールド(本社東京都、飯野樹生社長)は4月、サイト運営を代行するヘノブファクトリー(本社東京都、谷脇しのぶ社長)と共同でサイトリニューアルに取り組んだ。その結果、9月の月間問い合わせ件数が過去最高の300件になったという。サイト内の遷移を数値化し改善に取り組んだことが、新規顧客獲得につながった。
 インフィールドが導入したサービス「Shishimai(シシマイ)」は、ヘノブファクトリーのサイト運営代行と、リンクライブ(本社東京都、澤村大輔社長)のサイト管理システムで構成されている。
 インフィールドは現在、自社サイトについて、入金管理のみを行っており、サイト運営はヘノブファクトリーに全て委託している。「ヘノブファクトリーのサービスは、フェースツーフェースで相談ができる点だけでなく、説得力のある具体的な数字を示してもらえる点も魅力だ」(インフィールド・初瀬広壮サブマネージャー)と話す。

(続きは、「日本ネット経済新聞」12月15日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ