【ECショッパーズファイル】File.457 <高級盆栽を販売>大宮盆栽ストア/高級盆栽をECで世界へ

 大宮盆栽協同組合は10月3日、高級盆栽をECで販売する「大宮盆栽ストア」=写真=をオープンした。現在は国内のみでの販売となるが、90年以上の歴史のある同組合の育てる盆栽はアジアや欧州でも大変人気があるという。輸出には各国の検疫などの問題もあるが、まずは大宮盆栽のブランド情報を世界へ発信する場として、ECサイトを活用していくとしている。
 盆栽は現在、海外のコレクターから国内の若者まで幅広い層に人気があるという。観葉植物と違い盆栽には、水をやったり、古い葉っぱをとったり、春には鉢の植え替えを行ったりといった、育てていく楽しみがある。そうした点が人気の要因となっている。
 同店が扱う盆栽はおよそ300点。扱う作品はすべて大宮周辺の盆栽園で育てられたものだ。価格帯は10万~30万円のものが中心だが、大宮盆栽のブランドを損なわないならば、2万~3万円程度の作品も扱っていく予定だとしている。
(続きは、「日本ネット経済新聞」11月3日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ