【EC向けサービス事例】第104回 カートシステム「aishipR」/導入サイト「パーティードレススタイル」/ドレスのレンタルに対応

 ブライダル事業を行うプラチナスタイル(本社東京都、平澤晃社長)は、パーティードレスのECサイト「パーティードレススタイル」を運営している。ECサイトでは結婚式の二次会で着用するドレスのレンタル事業も行っている。ロックウェーブ(本社滋賀県、岩波裕之社長、(電)077―525―1073)の提供する「aishipR」を導入したことにより、レンタルサービスが実現できたという。
 プラチナスタイルは結婚式の二次会代行や、会場で提供される食事のケータリングなど、ブライダル関連の事業を手広く行っている。3月に「aishipR」を利用して、ECサイトを開設した。
 同社がECサイトでドレスのレンタルを開始したのは「市場は大きいが、大手企業が不在なので売り上げ拡大が見込まれる」(平澤晃社長)ためだ。「aishipR」はレンタル機能を標準搭載していることが導入の決め手となった。
 レンタル商品のページにはカレンダーが表示されている。ユーザーがドレスを選び、カレンダーから利用希望日を指定することでレンタルができる仕組みとなっている。「aishipR」にはカレンダー機能も標準搭載されているため、商品の配送管理もできる。

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月27日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ