【EC関連リサーチ】エルテックス「スマートフォンアプリに関する意識調査」/アプリ化進むもDLされるか懸念

 通販システム構築のエルテックス(本社神奈川県、森久尚社長、(電)045―332―6655)は8月、通販事業者を対象とした、スマートフォン(スマホ)アプリに関する意識調査を実施した。「ECのアプリ化が進む」と回答した人は92.3%にのぼったが、顧客が積極的にダウンロードしてくれるとは思わないと回答した人も27.8%いた(図表1)。
 スマホ向けのアプリの数は年々増加しており、大手モールの楽天、アマゾンがアプリを活用したサービスを強化している中、ECにおけるアプリ利用も普及しつつある。
 アプリはプッシュ通知機能を持つほか、ECと実店舗とのポイント連携やGPSを使った位置情報の活用なども可能なため、調査に協力した7割以上の通販事業者が販売や顧客接点にメリットを感じているようだ。
 回答者のうち、「商品を販売しやすい」「顧客とのコミュニケーションが取りやすい」と思っている人がいずれも7割を超えている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」10月6日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC関連リサーチ 連載記事
List

Page Topへ