【EC関連リサーチ】イーベイ・ジャパン「国内の越境ECのイメージおよび浸透度」調査/オンライン上サポート 望む声強く

図表1

 海外の販路開拓を目指す国内の法人をサポートするイーベイ・ジャパン(本社東京都、佐藤丈彦代表)はこのほど、「国内の越境ECのイメージおよび浸透度」の調査を実施した。それによると、越境EC出店時には、オンライン上での充実したサポート体制を望む事業者が多かった。出店者は、国内と海外で売れる商品が異なるなどニーズの違いが把握できたり、市場規模に魅力を感じているようだ。


■ニーズの違いが魅力

 越境ECに出店している103人に越境ECを始めたきっかけを聞いたところ、「日本では売れない商品が、海外では売れる」(47.6%)、「日本よりも高い価格で販売できる」(46.6%)、「購入者が日本よりも多い」(40.8%)という順だった=図表(1)。国内と海外との購買層やニーズの違い、市場規模の違いを求めて出店している人が多かった。
 越境ECの出店国については、「米国」(64.1%)が最多だった。次いで「中国」(53.4%)、「中国以外のアジア地域」(51.5%)=図表(2)。米国が前年調査に比べて3.9ポイント減だったのに対し、中国は同6.8ポイント増、中国以外のアジア地域も同11.7ポイント増となった。中国をはじめとするアジア諸国との取引が増加している。


(続きは、「日本ネット経済新聞」9月1日号で)

図表2

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC関連リサーチ 連載記事
List

Page Topへ