【EC関連リサーチ】シンクエージェント「ファッション買い方 状況調査」/性別、年齢でEC購入 頻度、利用モールに特徴

 コンサルティングのシンクエージェント(本社東京都、樋口進社長)はこのほど、直近1年間でファッション商品を5000円以上ネット購入した20~50代の男女587人を対象に、買い方の状況調査を実施した。それによると、全体の27%が半年に1回のペースでネット購入していることが分かった。また、利用サイトの上位は楽天市場など大規模モールだったが、年間5万円以上購入する人に限定すると、ゾゾタウンなどファッションECモールの利用が多くなっている。


■約2割が主にEC利用

 年間のEC購入額と購入率を調べたところ、月1回以上購入している人は全体の27%、2~3カ月に1度購入している人は21%、半年に1回程度購入する人は27%だった。
 「ECで年間5万円以上購入・ECでの購入率5割以上」と回答したのは全体の21%にあたる121人だった。ECで購入するのは20代の男性が多かった。最多となったのは「ECで年間5万円未満購入・ECでの購入率5割以下」で、全体の43%にあたる254人だった。30~50代の男性、30代女性が多かった。また、相互利用(「ECで年間5万円以上購入・ECでの購入率5割以下」)しているのは全体の16%にあたる96人で、20代の女性が多かった。
 ECで年間5万円以上購入した人は全体の36%で、ファッションアイテムのEC購入が5割以上とした人は全体の40.7%だった。


(続きは、「日本ネット経済新聞」7月21日号で)

よく利用するECモール(男女別、年代別)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC関連リサーチ 連載記事
List

Page Topへ