【EC向けサービス事例】第91回<21あおもり産業総合支援センターの支援事業>導入サイト トマトのECサイト「まごころ農場」

「まごころ農場楽天店」のトップ画面

”ギフト商戦の売上が大幅増”

 トマトなどのネット販売を手掛ける、まごころ農場(本社青森県、斎藤靖彦社長)は、(公財)21あおもり産業総合支援センター(事務局青森県、今喜典理事長)が展開する中小企業支援事業を利用し、ギフト商戦時の楽天店における売り上げを大幅に高めることに成功した。
 まごころ農場は、14年から同センターの支援事業の活用を開始。15年1月には、同センターからECコンサルタントの紹介を受けた。ECコンサルタントからは、売り上げアップにつなげるためのギフト商品開発法やネット広告戦略について指導を受けた。
 コンサルテーションを受けて開発したのは、「母の日」「父の日」需要に照準を定めたギフト商品。15年4月には、色とりどりの「カラフルトマト」とトマトジュースなどの加工品を詰め合わせたギフト商品を発売した。

(続きは、「日本ネット経済新聞」6月23日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ