【EC向けサービス事例】第90回<決済代行サービス「オリコWebクレジット」>導入サイト ブランド品EC「ブラモ!」

モール連動型マガジンでキャンペーン対象品を紹介

”高額品好調、新規顧客の開拓も”


 ブランド品をネット販売するブラモ(本社東京都、東口浩社長)はクレジットカードを不要とする分割決済の導入で新規顧客の獲得を進めている。高価格帯の商品の売れ行きも伸ばしている。
 同社が運営するECモール「ブラモ!」には現在、55店舗が出店し、約21万3000アイテムを販売している。従来、銀行振り込み、クレジットカード決済、代引きの3種類を決済手段として用意していたが、昨年9月以降、オリエントコーポレーションが提供する「オリコWebクレジット」など、クレジットカードが不要な決済サービスを導入している。
 「オリコWebクレジット」は高額商品の販売に強みを持ち、ブランド品との親和性が高いという。昨年9月の導入に合わせ、サイト連動型マガジン「JESSICA by BRAMO」でシャネルの販促特集を打ち出した。
 分割払いを導入したことで、モールでは50万円の時計や200万円のバーキンなど高価格帯商品の売れ行きが伸びたという。また、主婦層を中心に、数万円の財布など比較的安価な商品の分割払いも増えているという。


(続きは、「日本ネット経済新聞」6月16日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ