【EC向けサービス事例】第89回<ECサイト構築サービス「EC救部隊」>導入サイト「ホン・モノ・ケイカク」/コンテンツ力の高いサイトを構築

「ホン・モノ・ケイカク」ではコンテンツを強化している

 雑誌や書籍などを出版する学研プラス(本社東京都、碇秀行社長)は、こだわりのあるオリジナル商品のECサイト「ホン・モノ・ケイカク」を運営している。15年10月に同サイトを構築する際、ボクブロック(本社東京都、林昌孝社長)のECサイト構築サービス「EC救部隊」を活用した。ボクブロックはロックオンが提供しているオープンソースのECサイト構築パッケージ「EC―CUBE」を利用して、学研プラスが希望するコンテンツを強化したECサイトを構築したという。
 「ホン・モノ・ケイカク」では、編集部が企画し、職人が仕上げた財布やかばんなどの雑貨を販売している。14年6月に楽天市場に出店。出店時から発売している「ノイインテレッセ」と共同企画したキーケースは、約3000個を販売するヒット商品となった。
 楽天店が初年度から黒字化したため、当初の予定より1年早く15年10月に自社サイトを立ち上げた。
 学研プラスは自社サイトに、ライスタイル誌「ゲットナビ」やカメラ雑誌「キャパ」などの記者がまとめた、商品の紹介や開発ストーリーの記事を掲載している。
 同社では、各記者が記事コンテンツを無料デザインソフト「ワードプレス」で作成し、そのコンテンツをECサイトに集約したいと考えていた。

(続きは、「日本ネット経済新聞」6月2日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ