【ECショッパーズファイル】File.221 〈中古携帯の専門EC〉アワーズ/マスコミ露出で50%増収

「アワーズ」 栗津社長

 中古携帯を専門に扱うアワーズ(本社東京都、粟津浜一社長=写真)は、マスコミへの露出が増えたことなどもあり、14年4月期のEC売上高は、前期比50%増の1億8000万円となった。15年4月期はEC売上高2億8000万円を見込む。
 同社は、09年1月の設立と同時に自社サイトを立ち上げ、ECを開始。現在はEC売り上げの約9割を楽天店で上げている。
 13年11月以降、NHKを含めた複数のテレビ局の情報番組に、同社の中古携帯販売事業が取り上げられたのをきっかけに、業績が伸長したという。
 楽天店はスマートフォン(スマホ)とその他の携帯(ガラケー)でサイトを分けている。中古のスマホを中心に扱う「スマホ生活」では、20~30代のメディアリテラシーの高い若者をターゲットにしている。一方、ガラケー専門の「ガラケー生活」は、40代後半の主婦などがターゲット。サイトには、中古携帯初心者向けの説明を多く盛り込んでいる。
 保有する中古携帯をデータベース化しており、サイト上で、傷の状態や機能、価格帯など条件を絞った細かい検索をすることが可能。現在使用しているSIMカードから差替えが可能な機種を探せる「SIMカード」検索も用意している。「中古携帯の認知拡大を図っていきたい」と粟津社長は語った。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ