【EC関連リサーチ】〈EC担当者調査」〉/売上に満足せず66% 相談相手いない81%に

【グラフ1】EC展開についての雑談相手

 調査会社のニフティ(本社東京都、三竹兼司社長)はこのほど、全国のECサイト担当者を対象に、ECサイトの集客や売り上げに関する意識調査を実施した。ECサイトの売り上げに満足していない担当者が66・3%と過半数を超え、そのうちの81・9%がECに関する相談相手がいないとしている。現在の売り上げに不満を感じている担当者は、集客施策全般に対して手応えを感じていない傾向にある。

相談相手の有無が売上に影響
 ECの担当者300人を対象に、現在担当しているECサイトの売り上げに対する満足度を聞いたところ、「満足している」と回答したのは33・7%だったのに対し、66・3%が「満足していない」と回答した。
 EC展開の相談相手の有無については、全体の72・0%が「良い相談相手がいない」と回答した。売り上げに「満足していない」とした人では、81・9%が良い相談相手がいないとしている。一方、売り上げに「満足している」101人のうち、相談相手がいないとしたのは52・5%だった。
 EC事業に関する相談相手の有無が売り上げの満足度を高める一因となっているようだ。

売上と集客にも相関性

 300人のうち、ネット集客を実施している226人に直近1年の集客状況について聞いたところ、売り上げに「満足している」とした人の80・0%が「増加傾向」にあるとした。
 「変化なし」は16・5%、「減少傾向」は3・5%だった。
 売り上げに「満足していない」とした人のうち、「増加傾向」としたのは38・3%、「変化なし」が48・9%、「減少傾向」が12・8%だった。

集客・情報発信が明暗分ける


(続きはネット経済新聞3月31日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC関連リサーチ 連載記事
List

Page Topへ