【ECショッパーズファイル】File.370 〈ジェネリック家具を販売〉B―Style/コストカットで低価格実現

建築資材の卸販売を行う登美代商事(本社東京都、園田正文社長)は、運営する家具のECサイト「B―Style」でジェネリック家具を取り扱っている=写真。ジェネリック家電は、デザイナーが死亡して意匠権の保護期間が切れた家具を、正規ではないメーカーが製造した家具の総称だ。
 イームズやコルビジェといった有名作者の家具は、正規品のチェアが数十万円を超える物も多いが、ジェネリック家具は半額以下の値段で販売している。デザイン性の高い家具を、手軽に購入できるのが人気となっている。
 同社で取り扱っている家具は海外メーカーで生産しており、在庫の8割を海外で保管している。流通面ではメーカーと直取り引きしているため、中間マージンが発生しない。

(続きは日本ネット経済新聞 3月17日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ