EC向けサービス導入事例】第78回〈BtoB取引向けECサイトシステム「EC-Rider B2B」〉/導入サイト「ニトムズオンラインストア」/ゴールを明確に描いてくれた唯一のベンダー

日用家庭用品の製造・加工・販売および輸出入を手掛けるニトムズ(本社東京都、浅井春雄社長)は、15年9月にBB通販サイトを開設した。開設にあたって、ECサイト構築支援のイーシー・ライダー(本社愛知県、川手正己社長、052―533―1714)が提供するBB取引向けのECサイトシステム「EC―Rider B2B」を導入した。
 ニトムズは、粘着テープの掃除グッズなどの日用家庭用品を幅広く製造・販売する。これまではホームセンターなどへの卸売りが中心だったが、12年から新規事業として雑貨・文具を扱う新ブランド「STALOGY(スタロジー)」と「decolfa(デコルファ)」を立ち上げ、販売を強化している。
 ECサイトを立ち上げるにあたって、13社のベンダーに声をかけてコンペを実施。イーシー・ライダーの提案が予算と納期に対して最も評価できたことから導入を決めた。
 具体的な評価ポイントとなったのは、BB通販サイトの構築に特化している点だ。(1)取引先によって異なる販売価格を表示(2)未登録のゲストユーザには参考上代だけを表示(3)ユーザー情報とあわせて企業情報を管理できる119643などのBB通販サイトに適した機能が標準搭載されている。

(続きは日本ネット経済新聞 2月25日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ