【ECショッパーズファイル】File.357 〈リフォーム商材を販売〉リノコ/価格透明化ネットで進める

「リノコ」のサイト画面

リフォームサービスをネット販売するセカイエ(本社大阪府、高間舘紘平社長)は、業界では珍しく、リフォームの定価販売を行っている。施工店の管理のシステム化が奏功、仕様の異なる物件を一律価格で施工することが可能になったという。
 同社のサイト名は「リノコ」(=写真)。障子の張り替えから太陽光パネルの設置まで、リフォーム全般を扱う。価格は4000~40万円ほどとなっている。
 全ての案件で定額販売が行えるわけではない。定価での販売は、全受注の8割ほどだという。ネットからの注文に応じて施工店が見積もりを行い、定価販売が可能か否かを判断する仕組みとなっている。

(続きは日本ネット経済新聞 2月11日号で)

〈ショップ データ〉
(1)運営会社「セカイエ株式会社」(2)出店先「自社サイト」(3)導入システム「自社システム」(4)配送委託先「─」(5)EC担当者数「25人」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ