【ECショッパーズファイル】File.341 〈抹茶スイーツを販売〉伊藤久右衛門 本店WEB/短期分析でページ修正重ねる

「伊藤久右衛門 本店WEB」のサイト画面

伊藤久右衛門(本社京都府、北村公司社長)は98年に、宇治茶を使った菓子などを販売するECサイト「伊藤久右衛門 本店WEB」を開設した=写真。
 宇治茶、甘味、食品、酒類など、常時約180品目を販売している。大福、生チョコレート、あんみつ、ロールケーキなどに抹茶を使用した商品が売れ筋だ。30~40代の女性を中心に幅広い層から人気を集めている。
 商品写真のクオリティにこだわっているほか、ヘッダーバナーに季節の写真を掲載することで季節感を表現している。
 バレンタインデーや母の日などに合わせたページ作りも行っている。前年にCVRの高かったページをもとに作成している。その年のトレンドも盛り込んでいる。1~2週間ごとにCVRを分析し、掲載写真の変更など修正を加えている。

〈ショップ データ〉
(1)運営会社「株式会社伊藤久右衛門」(2)出店先「自社サイト」「楽天市場」「ヤフーショッピング」「アマゾン」「ポンパレモール」(3)導入システム「futureshop2」(4)配送委託先「ヤマト運輸」(5)EC担当者「6人」

(続きは日本ネット経済新聞 12月3日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ