【EC向けサービス導入事例】第28回〈フェイスブック広告〉/導入サイト「TOLOT」/リスティング広告の7倍の成果を実現

フォトブックを制作・購入できるスマホアプリ「TOLOT」

 フォトブックの制作・販売サービスを提供するTOLOT(トロット、本社東京都、末松亜斗夢社長)は、フェイスブック広告の高いターゲティング精度を活用することにより、効率的な新規顧客の獲得に成功している。フェイスブック広告では、リスティング広告と同じCPA(顧客獲得単価)で7倍の新規顧客を獲得することができたという。
 同社は11年6月、フォトブックを手軽に制作・購入できるスマートフォン(スマホ)アプリ「TOLOT」の提供を開始した。ユーザーは、同アプリ上でフォトブックに収録する写真を選択したり、レイアウトのデザインを決めたりできるという。文庫サイズで最大64ページのフォトブックを500円で制作できるという手軽さが受け、現在では、100万人以上のユーザーを抱えるサービスに成長している。
 同社は、「フェイスブック広告を活用し始めた13年9月から1年間で約70万人の新規ユーザーを獲得できた」(セールスプロモーション部・田崎豪介氏)と話す。
 同社は、フェイスブック広告の中でもユーザーをアプリのダウンロード画面に直接誘導できる「モバイルアプリインストール広告」を積極的に活用したという。

(続きは本紙11月13日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ