【ECショッパーズファイル】File.319〈猫用品を販売〉ネコセカイ/富裕層向けに商品展開

ペット用品メーカーのエイムクリエイツ(本社埼玉県、久保貴史社長)は、猫用品のECサイト「ネコセカイ」を15年2月に開設した=写真。ショップ開設から半年が経った8月度の月商は500万円となり、同月に楽天ショップオブザマンス・ペット用品部門賞を獲得した。上位5%の富裕層を狙う戦略が奏功したという。
 ペットショップやホームセンター向けにペット用品を卸販売していた同社は、12年に直営店「ネコセカイ」を都内に2店舗出店し、BtoC事業を開始。15年2月には、同名のECサイトを開設した。サイトでは、直営店限定で販売している、独自ブランドの猫用のベッドやハンモックが主力商品となっている。
 同ショップのターゲットは「猫にかける金額が上位5%の飼い主」(久保社長)。そのため、商品の品質にはこだわっており、全品検品を実施している。「問屋との取引では市場価格に合わせるために泣く泣く切り捨てる機能も、独自ブランドの商品には全て盛り込んでいる」(同)と言う。
 「ニーズに合った商品をニーズに合った価格で販売する。ブランディングをより進めていきたい」(同)と話している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ