【ECショッパーズファイル】IROYA/色に合わせた商品を紹介

アパレルや服飾雑貨のECサイトを運営しているIROYA(イロヤ、本社東京都、大野敬太社長)は14年3月、自社ECサイトをオープンした。毎月、顧客のアクセス数・購入履歴を分析し、テーマとなるカラーを設定。そのカラーに沿った商品を紹介している。
 運営しているECサイトの名称は「IROZA(イロザ)」=写真。色をテーマに新品や中古品のファッション商品を取り扱っている。「自分が欲しいと思う商品を探す際に色で検索して見つけることが多かった。色をテーマに商品を提案し、お客さまの需要に応える」(大野社長)方針だ。
 7月上旬時点で、掲載商品数は数万品目に及ぶ。購入者層は20代の男女が中心。Tシャツやアクセサリーが売れ筋という。顧客の平均購入単価は約1万円。「1点ずつの購入ではなく、服やアクセサリーとまとめて購入するお客さまが多い」(同)と言う。
 商品説明文はメーカーや自社のスタッフが作成している。「ECサイトでも、お客さまが店舗で接客をされているようにしている」(同)。
 新規顧客の獲得には、SNSのツイッターやフェイスブックを活用。週に3回、SNSの内容を更新し新着商品や色をテーマにした情報を発信している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ