【EC向けサービス導入事例】第27回〈久「ミギカタアガリ」〉/導入サイト「decollo ONLINE SHOP」/コンサルを含むサイト構築

久「ミギカタアガリ」

衣料品の販売を手掛けるCONVERGENCE JAPAN(コンバージェンスジャパン、本社東京都、金田真紀社長)は今年3月、自社ブランドのアパレルを販売する店舗とECサイトを同時に開設した。今年2月に会社を設立後、初のサイト立ち上げだったため、ECのコンサルティングが含まれているサイト構築サービスを導入した。
 サイト構築は、ECコンサルティングを手掛ける久(本社東京都、工藤暢久社長)のサービス「ミギカタアガリ」を利用。自社ブランド「decollo(デッコーロ)」のブランドイメージが伝わるよう、サイト構築のスケジュール設計から調整を重ねた。
 サービス導入を決めたのが今年2月で、サイト開設はその約1カ月後だった。急なスケジュールの中でもECコンサルタントと打ち合わせを行い、大きな不備も発生せずサイトが開設できた点を評価している。
 サイトのデザインは、久が独自に用意したECサイトのテンプレートをもとに設計した。男性用ビジネスウエアを中心とするブランドイメージに合ったサイトを目指し、コンサルタントと相談してさらにデザインの改良を加えた。
 商品を前後左右の視点から閲覧できるようにし、サイズや乾燥による縮み方の幅を一覧表にして掲載するなど、特に商品説明のデザインを変更した。
 「シンプルなデザインで商品の機能性を明確に顧客へ伝える、当社の希望していたようなサイトに仕上がった」(コンバージェンスジャパン・中本智士セールスディレクター)と話す。
 今後は、商品を組み合わせたコーディネートを顧客に提案できるようサイトの刷新も進める考えだ。
 サイト開設後も「ミギカタアガリ」のオプションにある定期コンサルティングサービスを利用している。久のコンサルタント4人がサイトの更新作業やアクセス分析を担当。販促企画やサイト更新の際のデザイン企画でも支援を受けている。
 「ミギカタアガリ」はカートシステム「フューチャーショップ」をもとにECサイトを構築している。販促に向けたレコメンド機能や、在庫のある商品のみを検索で表示する機能を独自に追加した。サイトで使う画像や文章の校正も久のコンサルタントが行っている。


〈システム概要〉 
 「ミギカタアガリ」は、ECサイト構築とコンサルティングがセットになったサービス。久のECコンサルタント1~2人が付いて、サイト構築のコンサルティングを行う。面談のほかウェブ会議システムを利用し、コンサルタントと任意に打ち合わせを開けるようにしている。コーディングや動作確認などサイト構築に必要な作業は久が実施する。オプションでサイト運用や広告出稿などを代行することも可能。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ