【EC元気県レポート〈岐阜ネット経済新聞〉】「岐阜ECショッパーズファイル〈中濃〉」 〈加工肉を販売〉肉の御嵩屋/こだわりの加工肉をネットで販売

こだわりの一品の「炭火焼豚」

加工肉を販売する肉の御嵩屋(みたけや、本社加茂郡、山田眞二社長)は「炭火焼豚」を主力商品にEC事業を展開している。「岐阜県すぐれもの」として県知事から表彰された商品だ。
 「炭火焼豚」は「豚肉から、味付けの醤油・炭まで岐阜県産の原材料を使用している」(山田社長)というこだわりの一品だ。お歳暮やお中元などギフト商材として人気があるという。「若い方では、出産祝いや結婚の内祝いのギフトとして購入されるケースが多い」(同)と言う。
 リピーターは4割を超えるという。「『お歳暮・お中元は御嵩屋さんに限る』と言ってくださるお客さまも多い」(同)と話す。
 同社は10年ごろに自社サイトを立ち上げEC事業を開始した。ただ、開設から1年ほどは売り上げが伸び悩んでいたという。そこで同社は11年に、(公財)ソフトピアジャパンの中小企業支援制度「IT経営応援隊ぎふ」を利用。指導を受けながら、モールへの新規出店を実施した。さらに自社サイトのSEO対策も併せて行った。約半年間で月商が、支援を受ける前と比べて30%増加したという。


〈ショップ データ〉
(1)運営会社「株式会社肉の御嵩屋」(2)出店先「自社サイト」(3)導入システム「EC-CUBE」(4)配送委託先「ヤマト運輸」(5)EC担当者数「2人」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ