【ECショッパーズファイル】File.260 〈九州名物モール〉よかもん市場/中小EC支援として運営

「よかもん市場」のトップページ

九州名物を販売する「よかもん市場」は、福岡県中小企業振興センターが00年に設立したECモールだ=写真。ECで販路を拡大したい中小企業の支援事業として立ち上げた。10年からは、観光業で培った地域活性の促進と流通網の拡大のノウハウを持つJTB九州(本社福岡県、野口和義社長)に、運営を委託している。
 15年2月現在の出店数は222店舗。大半は福岡県の事業者だが、長崎県や熊本県の事業者もある。事業者には「よかもん市場」でEC事業を新規に立ち上げて、大手モール出店への足掛かりにする事業者も多いという。
 商品数は約2000品目で食品類が売り上げの7割を占め、なかでも日本酒や焼酎など酒類が人気だ。注文は首都圏や関西など、遠方からが比較的多い。
 モールの宣伝は福岡県内で開催されるイベントで、九州の観光案内などが掲載されているフリーペーパーを配布など、リアルを中心に展開している。
 「15年度は商品ジャンルの構成を見直すなどして、九州土産といえば『よかもん市場』と言われるようなサイトにしたい」(松尾運営センター・センター長)と話す。


〈ショップ データ〉
(1)運営会社「株式会社JTB九州」(2)出店先「自社サイト」(3)システム「自社開発」(4)配送委託先「─」(5)担当者「6人」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ