【ECショッパーズファイル】File.251 〈家庭菜園EC〉おうち菜園/情報発信で顧客獲得目指す

濱田社長(写真左)、江里取締役

 おうち菜園(本社神奈川県、濱田健吾社長)は、家庭菜園セットのECサイトを運営している。会社は14年に設立し、家庭菜園に関するネットメディアを事業展開してきた。ECは14年9月にテスト運用を開始、15年3月からオリジナル商品のハーブ栽培キットなどを販売している。
 共同設立者の江里祥和取締役が運営していた農法関連のブログを濱田社長が見たことがきっけかで起業。家庭菜園を多くの人に届けるという理念を掲げている。
 メディア運営を軸に据えている理由は、「菜園に関心があるが、時間と場所と知識がないため踏み出せない人の後押しをしたい」(濱田社長)と考えているためだ。記事の閲覧者をECサイトに誘導し、売り上げにつなげるビジネスモデルを確立したいという。
 オリジナル商品のPRには、クラウドファンディングを利用した。ファンディングに参加すること自体が、菜園に興味を持つ利用者へのアピールにつながると判断した。
 出資額に応じ、商品や出張イベントの開催などが受けられる。「日本の家庭菜園を変えたい」(同)と意気込んでいる。


〈ショップ データ〉
(1)運営会社「株式会社おうち菜園」(2)出店先「自社サイト」(3)導入システム「カラーミーショップ」(4)配送委託先「ヤマト運輸」(5)EC担当者「2人」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ