【EC向けサービス導入事例】第37回〈ネットプロテクションズ「NP後払い」〉/導入サイト フリュー「ミューコンタクト」/後払い導入でキャンセル率が半減

 プリントシール機(プリクラ機)の製造・販売を手掛けるフリュー(本社東京都、田坂吉朗社長)は、カラーコンタクトレンズ(カラコン)通販サイト「Mew contact(ミューコンタクト)」を運営している。顧客層は女子高生や女子大生世代が中心でクレジットカードを持たない顧客が多い。決済手段は代金引換やコンビニ前払いの利用者が多かったが、ネットプロテクションズが提供する後払い決済サービス「NP後払い」を導入し、キャンセル率が半減したという。
 フリューはプリクラ機で撮影した画像を携帯電話にメールで送れる機能などを提供しており、800万人以上の会員を保有している。会員の大半が若年層女性だ。
 約3年前にアンケート調査を実施し、ネットでカラコンを購入している若年層女性が多いことが分かった。カラコンのトラブルを経験したとの声もあり、安全・安心なカラコンを提供するために13年11月、「ミューコンタクト」を開設した。
 決済手段はクレジットカード、代引き、コンビニ前払いを用意していた。コンビニ前払いは決済後の商品発送となる上、一定期間内に支払いがない場合はキャンセル扱いになってしまう。商品がすぐ欲しい顧客や注文直後に支払いに行けないケースもあると考え、「NP後払い」を導入。顧客の利便性と、商品が届いてから支払いができるという安心感も増したようだ。
 コンビニ前払いでも、注文と同時に商品が発送されると思っている人から「商品はいつ届くのか」という問い合わせが目立っていた。後払い決済で、そういった問い合わせは減少したという。
 現在のアクセス比率はiOSが約70%、アンドロイド端末が25%、PCが約5%となっている。
 クレジットカードを持っている会員についても、スマホでカード情報を入力するのは煩雑だ。また、スマホは移動中に買い物をする機会が多いことから、電車内でカード番号を打ち込むことに懸念を示す顧客が少なくない。こうしたことから「スマホと後払い決済の親和性は高いことがさまざまな導入事例からも明らか」(マーケティング部)とみていた。
 「ミューコンタクト」では今年1月から、顔のタイプの違う4人のライターが実際にカラコンを装着し、顔全体を撮影して投稿するコンテンツを提供している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ