ECショッパーズファイルFile.246 〈工具・工作機器専門EC〉シーフォース オンラインショップ/情報サイトで認知拡大

ECサイトに加え、複数の情報サイトを商品紹介や販促に活用

 工作機械や工具の企画・販売を手掛けるシーフォース(本社東京都、佐々木一富社長)は00年、ECサイトを開設した。主に工具や工作機器を取り扱う。サイトや商品の認知拡大は、工作に必要な情報紹介サイトを活用している。14年11月期のEC売上高は、前期比ほぼ横ばいの約2億円だった。
 ECサイトに加え、複数の情報サイト=写真=を商品紹介や販促に活用。工作機械の選び方や作業の進め方に役立つ情報を発信している。
 最初に表示されたページのみで離脱してしまうユーザーの割合を示した直帰率は、情報サイトで3~5%。実務に関連した情報サイトという編集方針が、閲覧を促進したとみている。
 「情報発信を通して、商品を安心して買ってもらえるようにした」(佐々木社長)と話す。
 主なサイト利用者は、個人で工芸品やフィギュアを制作している職人。購入者の20%を新規顧客が占めている。新規顧客は情報サイトやネット検索から流入している。
 検索のSEO対策にも情報サイトが貢献。彫刻やメッキといった取り上げられることの少ない話題をまとめ、検索順位の上位に表示されている。
 ネット上で商品制作を受け付けるサービスの充実も目指している。2月中にも、大学の卒業記念用指輪を制作するサイトを開設する予定。


〈ショップ データ〉
(1)運営業者「シーフォース株式会社」(2)出店先「独自サイト」「楽天市場」(3)導入システム「メイクショップ」(4)配送委託先「ヤマト運輸」「佐川急便」(5)EC担当者「5人」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ