【ECショッパーズファイル】File.243 〈花のEC販売〉ゲキハナ/顧客との交流でLTV増加

 花のECを行うあとりえ亜樹(本社東京都、古屋悟司社長=写真)は、顧客との信頼関係を構築する施策を推進することにより、売り上げを毎年20%ずつ増加させている。
 同社は、顧客との対話を重視している。顧客へ配信している電子メールでは、植物の育て方などを問い合わせることができる。他社で購入した植物に対しても同様に質問を受け付けている。
 14年からは、リアルでのイベントにも注力。顧客とともに農園見学に行くイベントでは、即売会も同時に開催している。顧客との関係を強化するこうした取り組みは、LTV(ライフタイムバリュー、顧客の生み出す長期的な利益)の伸びにもつながっているという。
 ECサイト「ゲキハナ」を開設したのは2005年11月。当初は、低価格商品を、入荷したその日に売り切る販売方式を採っていた。
 楽天のカテゴリページの仕様変更に伴い、商品をアップしてページに反映させるまでにタイムラグが生じるようになったため、販売方式を大きく変えたという。
 自社では在庫を持たず、農家から商品を顧客へ直送するようにした。商品は契約した農家からハウスで一番いいものを言値で買い取っている。割高だが質のいい商品を扱えるようになったという。現在は90社の農家と契約している。


〈ショップデータ〉
(1)運営業者「あとりえ亜樹有限会社」(2)出店先「楽天市場」(3)導入システム「受注でポン」(4)配送委託先「ヤマト運輸」「佐川急便」「ゆうパック」(5)EC担当者「3人」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ