【EC売り方研究所】九州企業の新たな一手「リアル×SNS」に着手/未開拓層の若い女性の取り込み狙う

「キューサイケールカフェ」外観

 通販王国・九州の通販企業が、未開拓であった若年女性層などへのリーチを仕掛けるケースが増えている。各社、SNSを絡めた展開を行っており、すでに成果が出始めている企業もある。キューサイや愛しとーとは、「リアルの場」からSNSによる拡散を促し、若い女性顧客への接点を増やしている。インスタグラマーなどのSNS投稿者に「写真写りが良い」「SNS映えする」と思ってもらえる被写体を提供することが成功の鍵となっているようだ。

■キューサイ、戦略的にリアルの場を用意 

 SNSによる拡散を促進することによって、若年女性層の顧客開拓を進める九州通販企業が増えてきている。青汁や化粧品「コラリッチ」を通販で展開するキューサイ(本社福岡県、神戸聡社長)や、コラーゲン健康食品「うるおい宣言」を販売する愛しとーと(本社福岡県、岩本初恵社長)は、「リアルの場」を足掛かりに、SNSでの拡散を促進している。
 キューサイは、6月30日から7月9日まで期間限定のポップアップストア「QSAIKaleCafe(キューサイケールカフェ)」を開設した。都内・表参道に位置する同カフェでは、ケール青汁を無料で試飲できる。来店者によるSNSでの情報拡散が進み、同店には約1万人が来場したという。
 神戸社長はオープン前、同店を開設する狙いについて「当社が開拓できていない層の認知を高めることが目的」とし、「利用者にはフェイスブックやインスタグラムに投稿し、SNSで情報を拡散してもらいたい」(神戸社長)と話していた。
 同店では、ただ青汁を提供するのではなくSNS映えするような特別メニューも用意。「ブルーベリーヨーグルト」「りんご酢」「ハーブティー」「甘酒」と青汁をブレンドした「おしゃれ」なドリンクを提供した。写真撮影ブースも設置、利用者のSNS投稿を後押しした。同社は、ポップアップストアの取り組みに手応えを感じており、今後リアルの活用をさらに推進・加速させるという。

■愛しとーと、レストランが通販集客に奏功

 愛しとーとでは、佐賀・唐津に15年7月にオープンしたレストランが新たな顧客接点を生み出している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」8月3日号で)

カフェでは青汁の特別メニューも容易

15年7月にオープンしたレストラン

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC売り方研究所 連載記事
List

Page Topへ