【EC向けサービス事例】第134回 一元管理システム「速販」/導入サイト「DIY STYLE」/受注処理を効率化、即日出荷に対応

森本隆社長

 DIY用品のネット販売を行うDIY STYLE(ディアイワイ・スタイル、本社京都府、森本隆社長)は、自社サイト以外に楽天やヤフオク、アマゾン、ポンパレモールに出店している。
 約500品目ある販売商品は全て自社倉庫に在庫を保有、注文を受けて即時出荷を行っている。
 迅速な配送や充実した品ぞろえが好評で、リピート顧客を着実に増やしている。
 店舗数の拡大に伴い、バックヤード業務の効率化にも注力している。複数店の商品登録業務を効率化するため、06年に一元管理システム「速販」を導入。店舗の成長に伴い、上位版の「速販コネクト」にアップグレードした。

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月27日号で)


《システム概要》
 システム開発のサイオ(本社東京都、安田知弘社長)が展開する受注・商品情報の一元管理システム「速販」シリーズでは、主に3種類のサービスを提供している。インストール型で手軽に導入できる「速販」、LAN環境で受注データを共有できる上位版の「速販コネクト」に加え、15年からはクラウド版の「速販C2」を提供。シリーズでは、受注取り込みや顧客へのメール送信、帳票作成、送り状印刷といった「受注管理」から、出品業務やモール間の商品データ変換、出品情報の編集、画像管理などからなる「商品管理」まで対応している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC向けサービス事例 連載記事
List

Page Topへ