【業務効率アップしました】ホームテイスト「商材王.COM」/人的コストの削減に貢献

 事業者向けに家具やインテリア商材を卸売りするBtoBサイト「商材王.COM」を運営するホームテイスト(本社兵庫県、柴田治社長)は、決済手段にラクーンの「ペイド」を導入し、業務効率の改善を図っている。
 ホームテイストは、10年4月にECサイトを開設した。会員数(5月31日現在)は5000社で、月100社前後のペースで増加。会員の9割をBtoCのEC企業が占める。アパレルや家電、健康食品を販売するモールなどに出店するEC企業も目立つ。中には、住宅関連企業が、展示会場に設置するための家具として購入することもある。最近では、家具を主体に販売するEC以外からの会員登録が多いという。
 取扱商品数は計1100品目に上る。新規会員の獲得は、SEOやリスティング広告が中心。ユーザーの紹介で登録する人も多く、セミナーを開催することで認知度を高め、会員登録につなげている。
 セミナーでは、ECで家具を販売するノウハウを交え、基本的な知識を得てもらうことを目的としている。
 既存会員に対しては、在庫や新商品の情報などをメールマガジンで定期的に配信している。また、商品をECサイトに登録する作業を代行するサービスも無償で提供。取引先の運営スタッフの作業負担を軽減することで、仕入れた後の販売に注力できるように工夫している。

(続きは、「日本ネット経済新聞」7月6日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

アップしました 連載記事
List

Page Topへ