【EC関連リサーチ】ジャストシステム「ECサイトの配送に関する意識調査」/「商品受取ロッカー」認知度は67%止まり

「商品受取ロッカー」サービスへの意見・要望

 「一太郎」などの、パソコン用のソフトウェアの開発などを手掛けるジャストシステム(本社東京都、関灘恭太郎社長)は4月12日、「ECサイトの配送に関する意識調査」の結果を公表した。調査によると、コンビニなどで商品を受け取れる「店頭受取」の認知度は92.1%にのぼった。一方、「商品受取ロッカー」の認知度は67.9%にとどまっており、まだ一般に十分に知れ渡っているとはいえない状況のようだ。

(続きは、「日本ネット経済新聞」4月27日・5月4日合併号で)

店舗受取の利用経験、商品受取ロッカーの利用・認知率

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

EC関連リサーチ 連載記事
List

Page Topへ