【勝手にECサイト分析】124 有限会社NO.2「ペットの消臭屋」/長年蓄積した豊富なコンテンツ

ペットに関するコンテンツを豊富に掲載した「ペット大学」

 日本において、猫の飼育数はほぼ横ばいな一方、犬は07年の1300万頭をピークに現在は1000万頭程度で推移している。北海道犬が出演するソフトバンクのCMやテレビのバラエティ番組での「動物特集」により、いわゆるペットブームは続いていると思われる。
 マンションでも「ペット同居可能」「ペット洗い場あり」などのキャッチフレーズで勧誘が行われている。そんなペット時代、「無駄吠え」に続いての苦情ランキングで必ず登場するのが「臭い」だ。
 今回紹介する、NO.2(ナンバーツー、本社福岡県)が運営する「ペットの消臭屋」は、そんなペットの飼い主が持つ悩みを解決してくれる商品を販売している。
 商品開発のきっかけとなったのは自身の経験した過去の出来事に起因していて、ペットにふさわしい消臭について勉強し、消臭効果と安全性にこだわった消臭剤「天使の水」を開発。06年にECサイト「ペットの消臭屋」をオープンした。
 以後、サイトのデザイン変更はもちろんのこと、昨今注目を集めているコンテンツマーケティングも、その言葉が存在しない時点から自社商品にかかわる周辺情報の発信をし続けている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」4月20日号で)


【筆者プロフィール】
なかたに・まさひろ
 99年7月、ハム・ソーセージのネット通販「北海道トンデンファームウェブ ショップ」を開設し、誰もが知る有名ネットショップに育て上げたことは、業界の内外を問わず有名。現在、Eコマースコンサルタントとして、全国で年間200本以上の講演を行い抜群の講座リピート率と満足度を誇る。多くのネットショップ開設に携わり、数々の繁盛ショップを輩出。ウェブショップを実際に運営している現場を知り尽くした、机上の空論でない理路整然とした指導にクライアント依頼が後を絶たない。13年にJECCICA理事・特別講師に就任。トントン先生と呼ばれている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ