【勝手にECサイト分析】123 株式会社マツオ「松尾ジンギスカン」/初来店者にも分かりやすいナビゲーション

「松尾ジンギスカン」のトップページ

 北海道を代表する食文化「ジンギスカン」。北海道出身者に「ジンギスカンといえば?」と尋ねると、多くの人が「松尾ジンギスカン」と答えるほど慣れ親しまれているマツオ(本社北海道)のジンギスカンは有名だ。
 マツオは、1956年(昭和31年)に北海道滝川市に誕生した。創業以来、ジンギスカン一筋に味を追求し、天然の果汁やスパイスだけで作った秘伝のタレを完成させ、北海道を代表する食文化に育て上げてきた。
 北海道が生んだ食文化のジンギスカン専門店の草分けとして、北海道で愛され続けて半世紀。現在もなお北海道滝川市の本店のほか、札幌に6店舗、千歳空港に2店舗、東京の新宿・赤坂・銀座に3店舗の全国11リアル店舗と、楽天市場店、ヤフーショッピング店、自社通販サイト(本店)などのECサイトで販売し、伝統の味を守り続けている。
 創業から40周年を迎えた96年8月8日に、社名を創業以来馴れ親しんだ「松尾羊肉株式会社」から、「株式会社マツオ」へ変更。多様化する食のニーズやライフスタイルに対応しながら、新しい食文化を全国に発信し、提案していけたらという願いが込められているとのことだ。昨年は60周年を迎えた。
 (続きは、「日本ネット経済新聞」4月13日号で)


《筆者プロフィール》
まつはし・しょういち
 ECで得意としている分野は、モールEC構築、アマゾン出品支援など。楽天、ヤフー、アマゾン、自社サイトなど、ECサイトの運営経験を基に、数々のショップを構築サポートしてきた実績を持つ。大規模ECサイトの効率的な構築、データ処理システム構築なども得意としている。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

勝手にECサイト分析 連載記事
List

Page Topへ