【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第168回 冷凍ピザ専門ECサイト<森山ナポリ>/金沢ならではの食材取り入れたモチモチの冷凍ピザ

板尾年廣氏

 石川県、金沢・ひがし茶屋街近くの「森山」で生まれたピザを製造・販売する「森山ナポリ」。本格的な食事を家庭で実現できる商品作りに取り組むこのショップでは、石窯で焼いたできたて本格ナポリピザが楽しめると評判を呼んでいる。おいしさの秘密、人気に火が付いた要因などについて、今話題の冷凍ピザの通販、森山ナポリの常務取締役、板尾年廣氏に聞いた。


●こだわり・商品の特徴
 「森山ナポリ」で追求したのは「冷凍してもモチモチ感が続くピザ生地」。大量生産の商品とは異なる本格的な冷凍ピザのおいしさを全国に届けたいと、ネット販売を開始した。
 「『手作りで本当においしいピザをご家庭で再現』を目標に開発すること3年。納得のいく生地ができました。自社の製パン技術を生かし、一枚ずつ『手伸ばし手焼き』で仕上げています。ピザは通常、焼成前の生地にソースと具材を乗せて一緒に焼き上げます。一方、当店のピザは、生地のみを高温の釜で焼き、香ばしい香りと食感を作ったうえで一旦冷却し、その上に具材を乗せています。これにより、ご家庭で加熱したとき生地が乾燥した状態にならずに本格的な焼き色と風味が、具材には焼きたてのおいしさがもたらされます」
 また、金沢ならではの食材にもこだわりを持っている。
(続きは、「日本ネット経済新聞」4月6日号で)

人気ナンバーワンの「ダブルチーズマルゲリータ」

バジルソースをベースにした「森山マルゲリータ」

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ECショッパーズファイル 連載記事
List

Page Topへ