MonotaRO/「モノタロウでんき」を開始/顧客の電気料金削減を支援

 工具などの通販を手掛けるMonotaRO(モノタロウ)は8月1日、電気料金の削減を支援する法人顧客向けの新サービス「モノタロウでんき」を開始した。
 電力会社イーレックス・スパーク・マーケティング(以下ESM社、本社東京都、秋山隆英社長)への切り替えにかかる手続きをモノタロウが手掛ける。
 約240万件あるモノタロウの法人顧客に向けて電気料金の削減を提案する。切り替えた場合の価格のシミュレーション、申し込み・契約手続きまでを請け負う。
 北海道と北陸を除く国内エリアで、契約種別が「従量電灯」および「低圧電気」の顧客が切り替え対象となる。
 顧客が切り替えを行うとESM社がモノタロウに手数料を支払う仕組み。モノタロウは「両社とも中小事業者が主要な顧客層であるため、高い効果が期待できる」(モノタロウ広報)としている。
 切り替えた事業者にはモノタロウのECサイトで使用できるクーポン(最大1万2000円分)を発行する。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ