ユナイテッドアローズ17年3月期/EC売上202億円/在庫拡充で前期比24%増

 ユナイテッドアローズの17年3月期におけるEC売上高は、前期比24.2%増の202億1200万円だった。売れ筋商品を中心にECサイトへの在庫供給を増やし、販売機会ロスを削減。実店舗とECサイトの会員サービスを統合し、リアルとネットの相互利用を促進したことが増収に寄与した。
 チャネル別の売り上げ構成比は、ゾゾタウンが約60%、自社サイトが約20%、楽天ブランドアベニューが約5%、アイルミネが約4%、マガシークが約4%だった。
 チャネル別の伸び率では、ゾゾタウンが前期比約33%増と高く、自社サイトは同約13%増にとどまった。ただ、4月に自社サイトを刷新したことで同月のEC売上高は前年同月比22.9%増となった。
 今後はEC専用商品などを増やし、さらにEC売上高を伸ばす計画だ。現在約1万5000点ある取扱商品のうち、2%程度の約300品目がEC専用だという。今後はEC専用商品の品ぞろえを増やし、ネット利用を促進する。
 18年3月期のEC売上高は、同17.1%増の229億2500億円を目指している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ