オンワードHD/EC専用ブランド展開/Cチャンネルと共同開発

 オンワードホールディングス(HD)は3月15日、EC専用のファッションブランドの販売を開始した。LINEの元社長である森川亮氏が立ち上げた、スマホ向け動画メディア運営のC CHANNEL(チャンネル、本社東京都)と共同で開発。人気クリッパー(動画投稿者)の意見を商品開発に生かすとともに、商品を動画で発信し購入を促進する。
 新ブランド「Two Faces(トゥー フェイシーズ)」は、20~30代向けにアパレルだけでなく、アクセサリーやネイルグッズ、コスメまで取りそろえる。
 襟が取り外せるブラウスや、リバーシブルのワンピースなど、昼と夜で使い分けできるアイテムをラインアップ。両社のECサイトやファッションECモール「ゾゾタウン」で販売する。
 オンワードHDの主要顧客は40~50代であり、新ブランドで顧客層を広げたいという。Cチャンネルは自社メディア内に開設した動画ECコーナーの品ぞろえを拡充し、売り上げ拡大につなげる。
 Cチャンネルのクリッパーやモデルを活用し、同ブランドの着こなし方の提案やプロモーションを動画で行う。
 Cチャンネル内で動画を配信するだけでなく、SNSで動画を拡散する。SNSを経由することで海外ユーザーにも購入を促す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ