【ムーヴ 向井康祐 社長】離脱防止サービスを提供

向井康祐社長

 ムーヴ(本社東京都、向井康祐社長、(電)03―5449―6167)は広告代理業で培ったマーケティングのノウハウを基に、ECサイト向けの支援事業を開始した。ツールだけでなく、マーケティングを含めた総合的な離脱防止サービスを提供している。向井社長にツールの概要や成長戦略などを聞いた。


■結果を出すことを重視
 ーーどのような経緯で、システム事業を開始したのでしょうか。

 当社はもともと、ネットやテレビ、雑誌など幅広い分野を扱う広告代理業を主軸に事業を展開しています。広告代理業で培われたマーケティングノウハウを基にツールを提供していくことで、離脱・直帰防止に高い効果のあるサービスを提供できると考え、離脱・直帰防止サービス「3S」の提供を始めました。
 単純にツールを提供するだけでなく、いかに購入率を上げるかという「マーケティング施策」につながるサービスを提供しています。クライアントごとに専任担当者を付けて、結果を出すことを重視してサービスの普及、提供に努めています。


 ーーサービスの概要について教えてください。

 ECサイトに来訪したユーザーは、購入前に他社サイトと比較したり商品価格を確認したりするなど、さまざまな原因から離脱・直帰してしまいます。「3S」はサイトから離脱しようとするユーザーに滞在を促し、購入率を向上することを目的としたサービスです。
 ポップアップを活用してサイトへの滞在を促します。デバイスごとにユーザーの行動や心理が異なることを踏まえて、PCとスマホでポップアップが発動する条件が若干異なります。
 PCにおいては、「戻る」や「ホーム」ボタンのクリック、タブを閉じたときなど、ほぼ全ての離脱行為について対処できます。
 スマホにおいては、ブックマークに登録しているサイトへの移動、タブからの移動、ブラウザー上部のURLボックスへのワード打ち込み、「戻る」といった離脱アクションに対応しています。
 ポップアップは「クーポン配信」「キャンペーンの紹介」「別商品やサービスの紹介」といった、さまざまな情報を表示します。ECサイトに散在している情報を、一目で分かるように集約させることがポイントです。「その場所・瞬間のユーザーに最も響くポイント」が訴求できるため、離脱防止と購入率の向上に高い効果が期待できます。
 ポップアップのデザインをECサイトごとに変更できるのも、特徴の一つです。クライアントの中には、自社のECサイトの魅力を把握していないケースもあります。そうした企業にヒアリングしながら、ECサイトの特色に合わせたデザインを制作しています。

■「出口」に絞る
 ーーどのように他社サービスとの差別化を図っているのですか。

 「3S」は「出口」というキーワードに絞って、高機能のツールを提供しています。差別化できるポイントは、大きく分けて三つあります。
 一つ目は先ほども言いましたが、デバイスごとに最適化されたサービスを提供していること。特にiOS向けに特化したサービスという点は、珍しいかと思います。
 二つ目は、EC事業者に「離脱・直帰防止の総合的な施策」として活用してもらい、購入率の向上につなげる点です。ツールを導入してもらうだけでなく、プランニングや進行業務、導入した後の結果を共有し、購入率を継続的に向上させるためのコンサルティング業務も行っています。
 これらコンサルティング業務などは一切別途費用がかからず、サービスを利用したことで創出された売り上げに対する、成果報酬型の料金形態で提供しています。導入費用や月額費用などリスクを軽減するため、成果報酬型を採用しました。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ