【EC支援サービスマップシリーズ 「コンサル・運営代行」特集】BENLY/ 多言語で顧客対応/月額2万円から代行

 海外転送サービスを提供するBENLY(ベンリー、本社東京都、中瀬浩之社長、(電)03―6661―7815)は今夏、多言語でカスタマーサポート(CS)を代行するサービスの提供を開始した。1言語対応を月額2万円からと格安で提供しており、導入企業数が拡大している。
 「BEXカスタマーサポートサービス」は、英語や中国語(繁体字・簡体字)、日本語で、顧客からのメールでの問い合わせなどに対応する。
 これまで、海外顧客からの問い合わせに対応しきれていなかったEC事業者が、機会損失を防ぐために導入している。
 ECサイトにバナーを設置するだけでサービスを導入できる。来訪者のIPアドレスを判別し、海外ユーザーにのみ、多言語で問い合わせに対応する旨をバナーで提示。バナーをクリックすると、問い合わせページを表示する。
 初期導入費用は40万円。CS市場調査や問い合わせページの作成、バナー作成およびタグの発行、質疑応答集作成の費用を含む。
 月額料金は1言語対応で2万円。2言語は3万5000円、3言語は4万7000円、4言語は5万7000円と対応言語数により月額料金が変わる。
 「月額2万円からという低コストと手軽に導入できる点が受けている。質疑応答集は追加・見直しを行うため、導入企業さまの資産になる」(中瀬社長)と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ