ロコンド/夜間・早朝の配送に対応/SB系配送業者と協業で

商品を載せたトラックの位置情報がリアルタイムで把握できる

 ロコンドは9月にも、ソフトバンクグループの配送業者Magical Move(本社東京都、武藤雄太社長)と協業して新たな配送サービスを開始する。夜間・早朝時間帯の配送に対応するほか、利用者はトラックの位置情報を把握できる。
 MagicalMoveが提供する配送サービス「Scatch!(スキャッチ)」を活用することで、夜間(午後9時~午前0時)と早朝(午前6時~午前9時)の時間帯の配達を可能にする。午後2時までの注文で、最短で同日午後9時に配達する。配達時間帯は1時間単位で選択可能だ。
 利用者は、千葉県八千代市内にあるロコンドの物流倉庫を出発したトラックの位置を「スキャッチ」上でリアルタイムに確認できる。これらの取り組みで、再配達件数を削減したい考えだ。
 午後2時までの注文で同日に出荷する従来の配達便は継続するが、送料を486円から390円に値下げする。その他、「急ぎません」割引や「日時指定」割引も導入する。
 ただ、5400円以上の購入で送料無料としていた従来の制度は廃止する。その代わりに、同額以上を購入した顧客にはロコンドのECサイトで利用できるポイントを付与する制度を設ける。
 ロコンドは、ウェブ広告費用を抑えることで、顧客への送料値引きや、配送会社の値上げに対応する。「配送を委託しているヤマト運輸の負担を減らしたい。配送業者と一緒に物流の課題に取り組んでいく」(PR担当)としている。
 新たな配送サービスは、まず都内7区(港、中央、江東、千代田、品川、渋谷、新宿)から開始し、年内にも対応エリアを23区に拡大する計画だ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ